ボーイは給与が高くて、実力ですぐにのし上がっていける仕事ではありますが、良いことばかりではありません。実際にキツイ、辞めたいと感じることも少なくないようです。

確かにストレスになることもある

まず多いのがキャバ嬢からの扱いのひどさです。キャバクラの世界ではキャバ嬢が中心ですので、ボーイの仕事は最初はほとんど雑用で、お客様やキャバ嬢がお店で気持ちよく過ごせるようにする裏方業務です。いわばキャバ嬢を下から支えて持ち上げるような業務ですので、一部のキャバ嬢からは罵倒されたり、奴隷や雑巾のように扱われてボロクソにされるなんてことも多いみたいです。ただでさえクセの強いキャバ嬢にこき使われるのは精神的にも肉体的にもストレスになりますよね。

 

理想と現実のギャップ

また理想と現実のギャップでくじけてしまうこともしばしば。出世が早く、やる気と実力でのし上がれるといっても、そのお店の中から出世して店長になる人間はごくごく一部です。キャバクラの世界では従業員の回転も激しく、ヘッドハンティングなんかも当たり前に行われています。売り上げを上げるために、店長やマネージャーをヘッドハントして外部から連れてくることも多いようです。せっかく頑張っていても、その先の出世見込みが無いのではやる気もでません。